福岡市東区箱崎・朝倉市のしろくま薬局 [馬場薬局]

フリーダイヤル 0120-469-085

電話受付 平日9:00〜18:00

しろくま薬局 貝塚店

薬剤師急募

Archive for the ‘お知らせ’ Category

春はお彼岸

2018-02-21

 春はお彼岸(ひがん)です。秋にもありますね。
太陽が真西に沈む「春分の日」と「秋分の日」。
この日を「彼岸の中日」(ちゅうにち)として、前後3日を含んだ7日間を彼岸会(ひがんえ)と呼びます。
きっとインドの大陸に沈む夕焼けがとてもきれいで、遙か西の彼方に美しい西方浄土があると考えたのでしょう。
 

 

 さて、彼岸とはどういう意味でしょうか。
「彼岸」という言葉は、インドの古語であるサンスクリット語の「パーラム」から来ています。
煩悩(ぼんのう)の火が消えた涅槃(ねはん)の世界のことで、向こう岸「彼岸」にあると言われています。

 
 煩悩は108あると言われますが、トップの3つを毒にたとえて三毒といいます。
「貪りの心」「怒りの心」「愚痴の心」がそうで、仏教では「怒り」を「瞋り」の字で書きあらわし、「貪瞋痴(とんじんち)の三毒」と呼んでいます。
一番は「貪り」の(とん)でしょうか。
お金がほしい、地位がほしい、ひとに好かれたい、成功したいと自分のうつわ以上のことをしてもなかなか手に入るものではありません。
すると自暴自棄になって怒りがわいてくる。これが「瞋」(じん)いかりです。
怒って正常な判断ができなくなって愚かなことをしてしまう。これが「痴」(ち)すなわち愚かです。
 

 
 人間の住むこの世はこちらの岸で、「此岸」(しがん)と言い、煩悩が多く、問題山積みの地です。
「此岸」を、サンスクリット語で「サハー」と言います。
これを中国の漢訳で「娑婆」と言い、日本に来て「しゃば」となりました。
この世のことを「しゃば」と言うのは、ここから来ています。
「此岸にいては幸せになれないからいつか彼岸に渡る」ということが、仏教のテーマと言えます。

 

 では、どうやって渡るのでしょうか。それは仏の教えを実践して、渡ることになります。
これを波羅密(はらみつ)と言い、6つあります。
・布施(ふせ)ほどこすこと
・持戒(じかい)戒を守って生きること 
・忍辱(にんにく)堪え忍ぶこと
・精進(しょうじん)雑念を交えず努力すること
・禅定(ぜんじょう)座禅をし、心を落ち着つかせること
・智慧(ちえ)波羅蜜の実践によって得られる智慧のこと
仏の智慧をいただいて此岸から彼岸に渡ります。
ここでいう「智慧」は仏の教えのことで、日頃使っている「知恵」は生きていく上での学問・知識、本で読んだ事、人から聞いた事、役に立つ知識等のことで別物です。

 

 

 仏の智慧のことをサンスクリット語で、「プラジュニャー」と言いますが、口語では「パンニャ-」と言います。
これが中国で漢訳されて「般若」(はんにゃ)となります。音訳ですから、漢字の意味は考えません。
「般若の面」はご存じですね。この面には、怒りと悲しみが彫り込まれています。
仏の智慧を一言で言い表すのは大変ですが、智慧が無くなるとこうなるということを表しています。

 

 彼岸は「パーラム」、渡るというのは「イター」と言います。
つまり、パンニャーをもって、パーラムにイターせよ。
続けて言うと、パンニャー、ハーラム、イター。
パンニャーハーラムイター、ハンニャハラミタとなり、音訳した漢字をあてると「般若波羅密多」(はんにゃはらみた)となり、般若心経の冒頭に出てくるフレーズがこれです。

 

 

 何もあの世(彼岸)に行かずにこの世(此岸)で、仏の智慧である六波羅蜜をもちいて煩悩の火を消して、幸せに生きることを考えてみようというのが、彼岸の意味となります。

 

 たとえば、混んでいる電車に乗ったとします。
仕事の帰りで疲れているので、空いている席を探し腰掛けます。そこに老人が現れます。席を譲ると「布施」です。
しかし、同時に病人、妊婦など譲るべき人が多数現れた時には、どなたに譲るか答えに窮します。
ここで、はじめから座らないというのも「布施」です。この座席を必要としている方々に、自身で決めて貰えば良いのです。
疲れた体で吊革につかまってがんばっていれば、それは「忍辱」です。
「だいたいもっと多くの人が座れるようにしておけば良いんだ」などと雑念が浮かびますが、「たくさんの人を乗せるにはこれでいいんだ」と考え直せれば、それは「精進」です。
そして心を落ち着かせ、立っていながら「禅定」に至ります。
こうして電車に乗るだけでも、六波羅蜜(ろくはらみつ)のいくつかが実践できます。
 

 煩悩の火を消すには、水をかけても灰神楽(はいかぐら)が立って汚れるだけです。
火を燃やしている薪(まき)をくべなければ、火は自然と消えます。
嫌なことがあってカッとなったとき、数秒我慢すれば気持ちは治まります。
ここで心に任せて反撃に出ると、相手との間や周りに長く問題が残ります。
カッとなって怒りの薪をくべることをしなければ、煩悩の火は自然と消えていくでしょう。

 

 

 彼岸は春と秋にあります。春分の日と秋分の日の中日を真ん中に、前後三日有りますから、それぞれ「布施」「持戒」「忍辱」と「精進」「禅定」「智慧」を実践し、挟まれた中日で彼岸に思いをはせることができれば良いですね。

 

 キリスト教は、人々を教会によんで説教をしてくれます。
教会の塔にある鐘は「カーン、カーン」と鳴っていますが、「Come、Come」と呼んでいるようにも聞こえます。
仏教は向こう岸に行ってしまうことがテーマです。
お寺の鐘をつくと「ゴーン、ゴーン」と鳴りますが「Gone、Gone」と言っているようには聞こえてきませんか?

 

 

節分に関するお話

2018-02-03

今年の2月3日(土)は、節分です。
季節を分けるという意味がありますが、少し前までは、豆まきをしていました。
現代においては、恵方を向いて恵方巻きを頬張ることが多いようですね。

 

今年の恵方は、丙の方角で南南東です。恵方とは吉方のことで、
正月においでになる歳神さまが来臨する方向です。我々は年末に、大掃除をして
この神様を迎える準備をしているのです。歳神様についての正月の話しは、また別の機会に譲ります。

 

 

 

節分の翌日が、立春です。暦の上では、ここから春が訪れることになります。
それではこの日が旧暦の正月になるかというとそうではなく、旧暦の冬至から二度目の新月が昇る日が
旧正月となります。ちょっとややこしい決まりですね。

 

では正月は何時から始まるかというと、一日のスタートについていろいろな考え方があって、
午前零時に始まる、当日の夜明けに始まる、前日の日没に始まるという三様の考え方があります。
それぞれ、天の昼夜、人の昼夜、地の昼夜と呼ばれています。昔から正月は前日の日没から始まると言われ、
大晦日の晚からごちそうを頂いて祝いました。現代の午前零時のカウントダウンは、明治時代に月の動きを元にした旧暦から
太陽を元にする新暦に変わり、正月という概念もそれに従って変わったためのようです。

 

 

 

節分は、少し前まで「鬼は外、福は内」と言って家の中で豆をまいていました。
なぜ豆なのかというと、「魔(ま)を滅(めっ)する」というところから来ていると言われています。
家中に散乱した豆を見て、母親から掃除が大変と言われたものです。

 

寺院でも有名人を呼んで豆まきを行ったりしますが、
鬼についての考え方の違いで、「鬼は外、福は内」と唱えない寺院もあります。

 

浅草の浅草寺(東京都台東区)では、観音様の前に鬼はいないという考えから
「千秋万歳 福は内」と唱えます。不動明王を本尊とする成田山新勝寺(千葉県成田市)では、
不動明王の前では鬼すら改心するということで「福は内」のみです。

 

 

 

では、「恐れ入谷の鬼子母神」で有名な仏立山真源寺(東京都台東区)は鬼を本尊とするために
「鬼は外」とは言えず「福は内、悪魔外」と唱えます。ここの本尊は、
インド神話のハーリーティという悪鬼に由来します。この女鬼は人の肉、特に子供の肉を好んで
食べていました。おそらく、子供がかかる伝染病の化身だったのでしょう。しかしハーリーティ自身には
500人の子供がいて、どの子もとてもかわいがっていました。

 

お釈迦様がハーリーティを改心させようと、末の子を神通力で隠してしまいます。帰宅したハーリーティは
子供が一人いないのに気づき、血眼になって探します。お釈迦様が、「500人もいるのだから一人くらい
いなくてもいいじゃないか」と話しますが、「何をおっしゃるのですか。親にとってどの子もかわいいのです。
あなたは、親の気持ちがわからないのですか」と腹を立てます。するとお釈迦様は「それじゃハーリーティ、
人間は数人の子供しか持てないよ。その子が亡くなったら、親はどんなに悲しむか分かるか」と諭しました。

 

改心したハーリーティは、もう人は食べない。人を守るとして守護神となり、
日本に伝わって子供、女性を守る鬼子母神となりました。
ここでは七夕の前後三日間「入谷朝顔市」が開かれることで有名です。

 

 

 

人間を食べなくなったハーリーティは、吉祥果を食すようになります。これはザクロのことであり、
人間の味がすると伝えられていますが、日本で作られた俗説のようです。

 

本来、人は「鬼は外、福は内」で有りたいものです。しかし、そうはいかないのがこの世の中です。
自分の家には福の神だけを入れ、鬼は入れたくないのですが、そうしていると鬼の行く先がなくなり
豆まきをしなかった家は鬼だらけということになります。

 

お釈迦様はハーリーティに五戒を授けました。人が守らなければならない五つの戒めです。
この戒については、別の機会にお話しします。鬼を改心させることができない一般民衆は、
鬼も受け入れることになるでしょう。

 

また、吉祥天という天女は、繁栄・幸運を意味し幸福・美・富を顕す神とされています。是非家に招き入れたい
ものですが、黒闇天という妹が、常に行動を共にしています。中夜・闇と不吉・災いをも司る女神です。
幸せと不幸は、常について回ると言うことですね。

 

鬼を受け入れることになっても、それを容認してうまくつきあっていくことが求められているような気がします。
病気もそのひとつです。気分が優れない。眠れない。食が進まない。他にもまだまだあるでしょうが、
我々もできるだけのお手伝いをさせていただきますので、快復までがんばっていきましょう。

 

筑前町の「巨大わらかがし」

2018-01-29

しろくま薬局甘木店から少し離れた所にある「筑前町安の里公園」
その直ぐ近くの農地に「巨大わらかがし」が展示されています。
当ホームページのスライドにも登場しています。
 
この「巨大わらかがし」は、毎年11月に行われる「ど~んとかがし祭り」で展示される、わらで作った大きな「かかし」です。
※「ど〜んとかがし祭り」は、旧三輪町の”どんと祭り”と旧夜須町の”かがし祭り”がひとつになった筑前町のビックイベントです。
しかし昨年は本来の祭りを中止し、「九州豪雨」被災地、朝倉市と東峰村を応援するイベント「復興の光」として行われました。
 
こちらが巨大おおかがしの「祈る龍」。
勇ましい龍の頭は、朝倉市と東峰村を向き、水神の龍が被災地の平穏を願う姿を表現しているそうです。
龍の横には、豪雨時の流木で作った鳥居も設けられていました。
 
巨大わらかがし
 
 
藁で作られているとは思えない程の迫力。
あれから1ヶ月が経ちますが、まだ展示されていると耳にし、再び「龍」に会いに来ました。
 
残念な事に「龍」の姿は少々変わっていました。
強風にあおられて、一度倒れてしまったそうです。地元の皆さんでなんとか建て直し、展示は続けられていました。
 
巨大わらかがし
 
わらかがしの「龍」の姿は変わってしまったけれど、たくさんの方が願う復興への想いに変わりはありません。
「復興の光り」が皆様に届きますように。

導入設備「散薬調剤ロボット」のご紹介

2018-01-18

今回ご紹介するのは、しろくま薬局で調剤業務の補助目的に導入した『散薬ロボット』です。
このロボットは電子カルテからのオーダー情報に基づいて、薬品の選択→秤量→配分・分割→分包といった一連の作業をロボットが行います。
 
湯山製作所 DimeRo
株式会社 湯山製作所の『DimeRo』
 

ロボット導入のおかげで、患者さまをお待たせする時間が短縮されました。
通常行っていた薬剤師への負担が大幅に減る事で、患者さまと向き合う時間が増え、余裕も持って業務を行っております。
 
しろくま薬局では、今まで以上に丁寧な「服薬指導」が実現可能となりました。
お薬の飲み方、お薬への疑問などがありましたら、薬剤師に遠慮なくお聞き下さい。

年末年始のお休み

2017-12-25

2017年も残すところあと僅かとなりました。
本年は格別のご愛顧を賜わり、誠に有難う御座いました。
来年も、お客様によりご満足頂けるサービスを提供出来るよう誠心誠意努力する所存でございます。
今後とも変わらぬご支援を賜りますようスタッフ一同心よりお願い申し上げます。
各店舗のお休みは以下の表をご覧下さい。

【貝塚店】
貝塚店
【箱崎九大前店】
貝塚店
【箱崎宮前店】
貝塚店
【甘木店】
貝塚店

馬場代表が「コミニティラジオ天神」に出演しました。

2017-12-22

12月21日、しろくま薬局の代表である馬場正佳が、コミニティラジオ天神に出演しました。
出演したのは「クスリベ」というコーナー。
「クスリリノベーション」を略称したタイトルですが、ここでいう「クスリ」とは「薬局」の事。
薬局を改革しよう!という意味をもち、「薬局」の存在価値を、「健康づくりステーション」へと改革していくことを目的としています。

馬場代表は、この「クスリベ」第2回目の出演者となりました。
すでに「健康づくりステーション」として行っている「フットケア」の話、
年間50回ほどの講演を続けている話、
そして、「お寺」に習う「未来の薬局」とは?という話など、
大変身のある内容になっていると思います。

興味のあるかたは、是非「クスリベ」をご覧下さい。
→「コミてん・クスリベ」動画はこちら
※初めの4分ほど音声がありません。

事前のFAXで、お薬の待ち時間を解消!

2017-08-26

 「仕事が忙しくて、薬を取りに行くヒマが無い」 「処方箋を渡してから薬を受け取るまでの時間がムダ」・・・。

 こんなことで困っている方には、しろくま薬局(貝塚店)のシステムが便利です。
 
****************************

事前にお医者さんでもらった処方箋をファックスしておけば、

平日は夜の10時まで、土曜日は夕方の6時まで「待ち時間無し」でお薬を買うことができます。

****************************
  
[ご利用方法]

まずは、「しろくま薬局貝塚店」にご連絡ください。
  ⇒ TEL 0120-469085 ※フリーダイヤルのシロクマハコ(ザキ)です。
 
 
次に、お電話で症状を確認して、処方箋を薬局にファックスします。
  ⇒ FAX0120-469086※スリーダイヤルのシロクマハローで覚えます
 
 
その後、処方箋原本と保険証持参で、お店に受け取りに行き代金を支払います。
【注意】処方箋の内容、在庫状況により当日に薬を渡せない場合もあります
※ 上記のサービスは今のところ、貝塚店のみで実施しています。
 
 
ファックスだけでなく、スマートフォンで処方箋の写真をメール送信しておくやり方もあります。
↓ 詳しくは、こちらをご覧ください。
https://www.kusurinomadoguchi.com/fukuoka/s109178?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=regular
 
 
上記の記事を「ファンファン福岡」さんに紹介していただきました。
https://fanfunfukuoka.com/town/97128/

お忙しい方は、ぜひご利用ください。

甘木店で「昭和の町並みと列車」をお楽しみ下さい。

2017-08-24

この模型は今から約50年前、昭和40年代の田舎町を再現しております。
 
しろくま薬局甘木店のジオラマ
 
ここでは、当時活躍したいろんな車両を毎週交換して走らせております。
駅、家屋、自動車や人物まで、その頃を再現しておりますので、大人の方もお子様の目線で眺めていただくと、楽しんでいただけるでしょう。
興味のある方は、是非しろくま薬局甘木店まで遊びに来てください。
 
ここで少しだけ列車のお話を。
日本は昭和20年に終戦を迎え、30年代には戦後復興を終えて経済成長期に入り、国鉄(JRの前身)の旅客・貨物輸送量も大幅に増加しました。
それに伴い、主な幹線の複線化と高速化をめざします。
 
昭和39年に新幹線が開通し、東京、新大阪間を4時間で結びました40年代には列車を牽引する機関車が、蒸気機関車(SL)からディーゼル機関車、気動車(ディーゼルカー)に置き換えられ「無煙化」が始まります。
それまでの都市間輸送は蒸気機関車が牽引する列車による急行列車でしたが、気動車による急行列車、特急列車を増発させ、電化されたところから電車による特急列車に置き換えられます。
 
列車の歴史が大きく動いたこの時代。
古くも懐かしい風景の中に、あの頃の列車が走り抜けるこの模型は、時間を忘れて見続けてしまいます。
模型を少しかがんで横から見て下さい。
模型と同じ高さで見てみると、まるで自分がその場に居る様な不思議な感覚を味わえますよ。

「福岡県禁煙相談員養成研修」で講演します。

2017-08-23

平成29年9月3日に開催される「福岡県禁煙相談員養成講座」にて、
しろくま薬局の代表である馬場正佳が、成功する禁煙について講演致します。
 
詳細はこちら
日時:平成29年9月3日(日)13時〜16時05分
場所:ホテルレガロ福岡 レガロホール(福岡市博多区千代1-20-31 3F)
内容:[1] 講演「たばこ病(肺癌・COPDなど)と禁煙治療」
     講師 国立研究開発法人国立がん研究センター
        独立行政法人国立病院機構 大牟田病院 院長 川崎雅之氏
   [2] 講演「成功する禁煙サポート」
     講師 日本禁煙科学会 上級禁煙支援薬剤師
     有限会社馬場薬局 代表 馬場正佳
※誠に残念ながら、当講演の申込みは終了致しました。
 
禁煙サポート

薬学生の皆様へ!薬局経営者との面接会が行われます!

2017-08-21

来たる8月24日(木曜日)に、薬局経営者が参加する「面接会」が行われます。
厳選された10社が全国から参加し、薬学生(5・6年生)先着20名限定のスペシャルイベントです。
特色ある薬局の経営者と直接話せるビックチャンス!
今後の就活に是非お役立て下さい。
 

日時、場所は下記の通りとなります。
 
【日時】 2017年8月24日(木曜日) 14:00〜18:00(13:50集合)
【場所】 福岡大学17号館2階学習室5

 
※先着20名様限り!残りわずかとなっています!
事前申込みが必要となっております。お急ぎ下さい!

 
事前申込みはこちらまで
株式会社フォルモ
担当者:西久保 03-5333-0553
TEL:03-5333-0553(受付時間 10:00〜18:00)
Mail:office@phurumo.jp
 
薬学生面接会

« Older Entries